庭の手入れをしながらのストレッチが腰痛に効果的

庭の手入れをしないことで起こるトラブル~腰に優しい作業方法公開~ 庭の手入れをしないことで起こるトラブル~腰に優しい作業方法公開~

腰痛を和らげてくれるストレッチ~庭の手入れがスムーズになる~

庭の手入れをする時に、必ず腰が傷むという人は、手入れの方法が間違っているかもしれません。ここで、腰に負担がかからない庭の手入れ方法を見てみましょう。

庭の手入れをしながらストレッチ

ストレッチしながらなので腰の痛みを和らげてくれるしシェイプアップにもなります (30代/男性)

草取りをする時に腰を傷める人は、しゃがみながら作業をしがちです。そのため、長時間しゃがんでいると、腰に大きな負担がかかりますし、立つのもつらく感じてしまいます。それを防ぐ効果的な方法が、庭の手入れをしながらストレッチです。片足を横に伸ばしたり、前後に伸ばしたり、両足を開いて前屈など色々ポーズを変えて作業することで、腰に負担がかからなくなります。草取りだけではなく、芝刈りや間伐の時にも活用できます。ストレッチをする際は、「伸びている筋肉を感じる」「背中をそらす」ということを意識しながら行うと効果的です。

庭の手入れをするなら服装にも注意

庭に手入れをする時は、なるべく動きやすい服装で作業したほうが良いです。伸縮性が少ないジーンズやサイズが小さい服装だと、動きづらく、腰に痛みが出やすくなります。伸縮性がある動きやすい服装を着用して、なるべく腰に負担をかけないようにしましょう。また、腰痛ベルトを付けるのも効果的です。腰に適度な圧をかけて、腰への負担が軽減されます。ただ、しゃがみ姿勢をする際に圧迫が強くなり過ぎることもあるので注意すべきです。

腰痛対策をして作業しよう

腰の痛みを我慢しながら、庭の手入れをするのは、賢明とは言えません。腰痛を和らげるストレッチをしたり、動きやすい服装を着用したりして、腰痛対策をして庭の手入れをするようにしましょう。

TOPボタン